よく染まる安全な白髪染めをお探しなら

白髪を防ぐ方法!もう白髪を増やしたくない人の白髪を予防する方法

もう白髪を増やしたくない!と思っても白髪を治療する薬はまだ開発されていませんので、白髪を防ぐには自分の努力のみというのが実情。

どうすれば良いかと言えば、やはり正しい生活習慣を守ることに尽きます。

健康と美容を守るためには生活習慣を守るというのは基本中の基本ですが、耳が痛いと言わずに、白髪の予防は是非前向きに取り組みたいですね。現状、白髪は出来てからの対処よりも、増やさないために予防する努力が一番大事だと言われています。

髪の毛の健康を守るためには、何はなくても栄養バランスの良い食事を摂ることです。また、髪の毛は寝ている間に伸びますので、毎日ぐっすり眠れる環境を作ることも大事ですね。

髪の毛のためには、髪の毛そのものだけに注意を向けるのではなく、頭皮の健康も考える必要があります。頭皮は皮膚ですから、スキンケアが必要なのは顔だけではないということですね。


白髪を防ぐ方法は?

紫外線対策で白髪を防ぐ

肌を守るためにも、髪の毛を守るためにも、紫外線のカットはとても重要です。紫外線が頭皮や髪の毛に与える悪影響は、とても強いものです。近年やっと光老化という言葉が浸透して来ましたが、紫外線ほど人間の老化を早めるものはありません。

紫外線が人体に害を与えることはすでによく知られるようになりましたが、活性酸素が増えると毛母細胞が攻撃されて老化が進むリスクがありますし、メラノサイトの素となる色素幹細胞の損傷も懸念されるので注意が必要です。

毛母細胞やメラノサイトが攻撃されて白髪が進むリスクがありますし、抜け毛のリスクも高まります。頭を無防備に太陽に晒すことの怖さは、しっかりと認識しておきたいですね。

白髪染めドクター

年間を通じた紫外線対策はとても重要で、特に細胞のDNAが損傷しないよう守り抜く意識が大切。髪の毛を作っている毛母細胞も色素幹細胞も細胞ですから、そこが損傷しないよう大切に守ってあげて下さい。

毎日の食事で白髪を防ぐ

バランスの良い食事を摂るためには、いろいろな種類の食材を、毎日適切に食べることが大事です。料理の彩りを気にするのはとても良いことで、見た目の効果だけでなく、様々な食品を摂取することにもつながります。

現代人に不足しがちなのは海藻類で、毎日たっぷり摂取している人はなかなかいないのではないでしょうか。髪の毛には海藻類が良いと昔から言われていますが、これはきちんと科学的な裏付けがあることですので、意識したい点です。

また、間違ったダイエットで若い女性に白髪が増えていると言われています。

髪の毛は、人間が生きるために必須ではない部分なので、体内に栄養が足りないと配分上後回しにされてしまいます。髪の毛や爪は健康のバロメータと言われますので、隅々にまで栄養が行き渡る食生活を送りましょう。

摂取すべき食品

摂取すべき食品は、ビタミンとミネラルです。特に海藻類のミネラルは不足しがちなので、本来なら毎日たっぷり摂取したいところ。難しい場合はサプリメントで補給することも考えましょう。

髪の毛は栄養が足りない時に真っ先に悪影響が現れる部分なので、髪の毛の調子が悪いということは、内蔵にも悪いことが起こっている証拠です。キレイになるためのダイエットですから、髪の毛や爪に悪影響が出るような事は絶対に止めましょう。

食品添加物を避けよう

特に過酸化水素は白髪を増やす元凶ですが、一部、海外の食品などに含まれるケースがあります。日本では食品衛生法で過酸化水素の食品への添加は禁止されているのですが、禁止されていない国もあります。

輸入食品や海外へ行った時の食品などには注意したほうが良いでしょう。

また、食品ではなく歯磨き粉や食器用洗剤などに配合されている場合があったりするので、それが知らない間に体内に入ってしまうリスクもあります。知っておいたほうが良いことですね。

質の良い睡眠で白髪を防ぐ

睡眠は人体にとって必要不可欠ですが、髪の毛にもとても重要な要素です。そして、ただ寝れば良いわけではなく、質の良い睡眠であることがとても重要。しっかり寝ないで健康を維持出来る人はいません。若い時は夜更かしをしても無理がきくかもしれませんが、ある程度の年齢になるとガクッと悪影響が現れることが非常に多いです。

高をくくっていると手痛いしっぺ返しがありますので、睡眠は毎日しっかり摂る努力が必要です。なぜ睡眠が大事かと言えば、睡眠中に分泌される成長ホルモンが髪の毛を作るからです。

また、睡眠不足になると血行不良にもなり、頭皮の環境が悪化しますし、自律神経を失調したりストレスが過剰になったりするので、髪の毛に良いわけはないのです。

睡眠のゴールデンタイム?

夜勤など、夜に仕事をしている人は、睡眠を取る時の環境を整えて、質を高める努力をしましょう。少し前までは22時から午前2時までがゴールデンタイムと言われていましたが、最新の研究ではゴールデンタイムに時間帯はないとのこと。

入眠してから6時間の間の睡眠の質の高さが重要とのことなので、何時に寝たとしても完全にぐっすり眠れる環境作りが重要です。朝から昼間は活動している人のほうが圧倒的に多いですし、光も強いので、環境作りが難しいというのは変えようのない事実。

とにかくぐっすり眠る工夫と努力が、白髪予防には大切でしょう。きちんと夜寝ていても、その内容が悪ければ意味が薄くなりますし、単にダラダラと長く寝れば良いわけでもありません。

ストレスとはうまく付き合おう

ストレスが髪の毛に良くないのは、自律神経の乱れを招くからです。更年期に差し掛かると、自律神経はどうしても乱れやすくなります。これは男女関係なく起こる不調ですが、これにストレスがかかると更に自律神経が乱れるので、ストレス対策は必須。

自律神経は血流もコントロールしていますし、ホルモンの生成や分泌にも深く関与しているので、髪の毛の成長に悪影響が及びます。

ストレスを感じないようにするのは難しいですし、社会生活を送る上ではどうしても避けられないことかもしれませんが、うまく付き合って発散することが大事です。

ストレスは体内に活性酸素を生む原因にもなりますので、メラノサイトや毛母細胞が攻撃対象となると、白髪や抜け毛の原因にもなるのです。ストレスが生む活性酸素も髪の毛にとては大敵なので、溜め込まないよう工夫することが大切です。

白髪染めドクター

白髪は、予防が第一だと言われています。残念ながら、まだ白髪を治療する医薬品が開発されていませんので、日々必要な栄養素を摂取して、自分でアンチエイジングするしかありません。医学は日進月歩なので、いずれこの世から白髪はなくなるのかもしれませんが、それまで待てない私たちはどう予防するかが重要です。