よく染まる安全な白髪染めをお探しなら

白髪染めは危険なものが多いって知ってましたか?

白髪染めで皮膚にアレルギー症状が起こる皮膚障害の事例は、消費者庁にも数多く報告されていることをご存知でしょうか。

問題の製品はもちろん特別なものではなく、一般的にドラッグストアで販売されている白髪染めやヘアカラーです。

そんな危険性や副作用がある事を知らずに、あまりにも無防備に髪の毛を染めている人が多すぎます。消費者庁は、異常を感じたらすぐに使用を止めて医療機関に行くよう注意していますが、そもそもそんな目には遭いたくはありませんよね。

知らずに使う事の怖さをきちんと認識しておきましょう。

白髪染めの強い毒性

実は白髪染めで、特に2つの種類の薬剤を混ぜ合わせて使うタイプには、強い毒性を持つものがあります。

ヘアカラーには長年かけて人体に蓄積し、ある日突然被害となって現れる化学物質が山のように入っています。

予防するためにパッチテストを行うよう注意はありますが、パッチテストは1度行えば大丈夫だと思っている人も少なくありません。

毒素は少しずつ溜まって行きますので、いつ出るかわからない以上、毎回行う必要がありますし、テストで大丈夫だったからと言って油断することは出来ないのです。

変な白髪染めを使うと怖いよ~

最初はなんとなく感じる違和感のような症状だったものが、ある日突然顔が腫れ上がるような深刻なショック症状となって現れる事例があります。

例えば、白髪染めをした後に、頭皮に染みるような感覚がある場合には、即刻白髪染めを止めることが肝心。

ハッキリとした痛みでなくても、日に焼けた時のようなヒリヒリ感があったり、痒みが起こったりする場合には警戒が必要です。

ひどい場合には皮膚がただれたり、突然呼吸困難になったりするショック症状が起こる場合もあり、万が一目に入った場合は失明の危険すらあるのです。

長期使用は腎臓や肝臓などの内臓障害が出る場合も。知らなかったでは済まされない、恐ろしい危険性があるのです。

美容院の白髪染めも同じ

健康被害が出るのは、家で自分で白髪染めをした場合だろう、と思い込んでいる人もいますが、ドラッグストアで売っている家庭用の白髪染めも、床屋や美容院で使われる白髪染めも、危険性や副作用に関しては変わりありません。

あまりにも知らない人が多いですが、素人が行うから起こるというものではないのです。

しかも、十数年来ずっと通っていた美容院でいつもと同じように白髪染めをして、突然症状が出て病院へ駆け込む人もいます。

素人でも専門家でも、同様の薬剤を使っている以上、同じだけ危険性があることを知らなければいけません。

白髪染めで注意したい危険な成分とは?

白髪染めの何がそんなに危険なのかを知るためには、どの成分が危険なのかを知る必要があります。深刻な健康被害を及ぼす化学成分については、是非勉強しておきましょう。

実は、海外ではすでに使用禁止になっているほど危険な成分も未だに使われていて、知らず頭にふりかけて良いものではないのです。

知っておくべき成分は、「パラフェニレンジアミン」「パラトルエンジアミン」「アミノフェール」「過酸化水素水」などです。

最初の2つの名前の中にジアミンという言葉が入っていますが、このジアミン系の物質が特に注意が必要な成分とされています。

皮膚から吸収されて、徐々に体の中に毒素が蓄積する「経皮毒」の問題は近年重要視されつつありますが、特にジアミン系は発がん性物質として指摘されており、海外ではすでに使用が禁止されています。

なぜ日本でいまだに白髪染めやヘアカラーに危険物質を入れているのか甚だ疑問ですが、単に髪の毛の色を変えるためだけに使うべき成分でないことだけは事実でしょう。

アミン系ジアミン系

冒頭でジアミンに触れましたが、アミン系とジアミン系は少しだけ構造が違うものの、どちらも危険な物質と言えます。

アミンにはパラアミノフェノールやアミノフェール、レゾルシンなどがありますが、こちらも皮膚から吸収されて血液の中に入ると、呼吸困難などを引き起こす可能性があり、危険な物質とされています。

こちらも発がん性が指摘されていて、皮膚に炎症を起こすことも分かっています。

パラフェニレンジアミン(PPDA)、パラトルエンジアミン(PTDA)はジアミン系で特に危険性が高く、白髪染めはヘアカラーの2剤式のものにはほとんど含まれている成分です。

白髪染めの1剤には酸化染料とアルカリ剤、2剤には酸化剤とが入っていて、1剤と2剤とを混ぜると「中間物質」という物質が発生します。

中間物質も有害物質であることは変わりなく、重大な健康被害が起こる危険性があり、実際に被害報告もあります。突然の呼吸困難、むくみ、皮膚のただれなどが起こり、目に入ると失明の危険すらある恐ろしい物質です。

過酸化水素水

過酸化水素と言えばオキシドールや漂白剤を思い浮かべますが、過酸化水素は危険成分です。

消毒液などとして有効に使えるのですが、消毒出来る力があるということは、細菌を瞬時に殺す強力な力があるということです。

濃度によって危険度は変わりますが、成分としては劇物指定されている物質。

肝臓疾患を起こすリスクやアレルギー症状も指摘されていますし、発がん性も指摘されています。

白髪染めやヘアカラーでは、色を入れるために髪の毛の色素を抜く脱色の用途で使われますが、そんな危険な化学物質を頭にたっぷりふりかけることの怖さは知らなければいけません。

白髪染めで避けるべき成分はコレ

白髪染めに入っている成分で、避けるべきとされている有名な成分がありますので、まとめておきましょう。

注意

アミノフェノール、パラアミノフェノール、ピロガロール、メタアミノフェノール、硫酸パラメチルアミノフェノール、トルエン-2,5-ジアミン、メタフェニレンジアミン、パラフェニレンジアミン、パラアミノオクトクレゾール、フェニレンジアミン

などです。

ほとんどが2剤式の白髪染めに入っていますので、成分表記に掲載されているでしょう。

配合の多い順に掲載されていますが、着色剤は順不同で良いので、着色剤以外の成分が先に記載されているはずです。

1%以下も順不同で良いので、実際には裏面を見てもどこからが順不同なのか分かりません。いずれにしても、そもそも入っていないことが望ましいのですから、2剤式を選択しないというのが正解でしょう。

じゃあ安全な白髪染めはないの??白髪は染めたい!

白髪染めもヘアカラーも髪の毛を傷めてしまったり、健康に悪影響の出る成分が入っていたりします。じゃあどうすれば白髪のケアが出来るのかと言えば、オススメは白髪染めトリートメントを使うことです。

白髪染めトリートメントは、一般的に言われている白髪染めとは違う製品です。どうして白髪染めトリートメントのほうが良いのか理由をまとめてみましょう。

白髪染めトリートメントはトリートメント

白髪染めトリートメントは白髪染めという言葉がプラスされていますが、あくまでもトリートメントであって染毛剤ではありません。

例えば美容院に行って、トリートメントとヘアカラーとの違いがわからないという人はいませんよね。白髪染めがヘアカラーなら、白髪染めトリートメントはトリートメントです。

ただ、トリートメントしながら髪の毛の色を染めて行くヘアマニキュアの効果がプラスされているのが特徴で、使うことで白髪を染めることが出来ます。

トリートメントですから髪の毛をいたわる成分を持ちながら、同時に毛染め効果も得られるという理由で、近年とても人気が出ているのです。

白髪染めトリートメントは化粧品

白髪染めは薬事法でも区分されているという事を知らない人もたくさんいます。白髪染めには劇薬が含まれるので、薬事法では医薬部外品指定となっています。

医薬部外品は医薬品ではないという意味ではなく、医薬品に追従するほど強い成分が入っているという意味だと理解しましょう。

白髪染め・ヘアカラーは「永久染毛剤」という区分、ヘアマニキュアや白髪染めトリートメントなどは「半永久染毛料」という区分になっています。

医薬部外品に指定されているのは白髪染め・ヘアカラーのみで、他のものは一般的な化粧品と同じ扱いです。ちなみに「剤」と「料」という表記が正式になされている場合、薬品は剤、その他は料という表現になります。

白髪染めトリートメントは化粧品扱いですから人体への悪影響はほとんどなく、安心して使えるところ魅力です。

2剤式ではない安全性

実は染毛剤のように1剤と2剤とを混ぜ合わせる方式になっているものは、かなり強い成分が入っていて、強い作用があるのが一般的です。

白髪染めトリートメントはそこまで強い成分は入っておらず、髪の毛を染めるヘアマニキュア成分の他には保湿などのトリートメント成分が配合されています。

自前の髪の毛を傷めることなく髪の毛を染めたい人にはピッタリなのが白髪染めトリートメント。だから白髪染めトリートメントはオススメなのです。

使い方も普通のトリートメントと同じように簡単に使用できるのでとても手軽です。

白髪染めのポイント

・一般の白髪染めには危険成分が配合されている事が多いので避ける

・経皮毒や発がん性や髪の毛パサパサや枝毛などツヤのない髪の原因にも

・白髪ケアは安全な白髪染めトリートメントタイプがベスト

安全に使える白髪染め一覧

安全な白髪染めトリートメントの選び方

白髪染めが身体に危険なものだという事が徐々に分かって来た中で、白髪染めを安全に行うためにはどうしたらいいか、迷っている人も多いでしょう。

まずは従来の白髪染めという固定概念を捨てて、白髪をどうやってケアすべきかという広い目線で考えてみましょう。

健康被害が無く、白髪が目立たなくなり、髪の毛の健康や美容も保たれる方法、そんな理想的なヘアケアを求めている人にオススメなのが、白髪染めトリートメントなのです。

果たして安全な白髪染めトリートメントの選び方とはどんなものなのでしょうか。

素手で使えるタイプがオススメ

手袋を二重三重にしてガッチリ肌を守って使う薬剤を、無防備にも頭に塗りまくるというのは、そもそもどうなのでしょうか。

白髪染めトリートメントなら、塗るという発想ではなく髪の毛をトリートメントするという発想なので、普通のトリートメントのように素手で使えるタイプも存在します。

これこそ安心の白髪染めトリートメントの理想形ですよね。

入浴時に普通に髪の毛を洗うように使うことが出来ます。髪の毛にダメージを与える側ではなく補修する側ですから、安心して使えます。

色は1回でも比較的良く染められるものもありますし、毎日使って落ちにくい色素を沈着させるものもあります。

なんと言っても天然成分がオススメ

白髪染めトリートメントはトリートメントですから、髪の毛や頭皮にやさしい天然成分が配合されているものがいいですね。

昔から髪の毛を美しく育てると言われて来た海藻の成分が配合されている白髪染めトリートメントや、自然の染料にも使われるお茶の成分が配合されている白髪染めトリートメントなど、私たちに馴染みやすく、食品としても長く利用しているものだととても安心感がありますよね。

自然界には人にやさしいたくさんの色素が溢れています。そうしたもののチカラを借りて、一切の刺激を与えない良質なトリートメントに仕上げているものがオススメ。

やっぱり添加物へのこだわりがオススメ

化学添加物を山盛り使うと、ほとんどの製品は安いコストで一度にたくさん作ることが出来ます。何年も倉庫に積んでおいても売ってしまえるので在庫リスクもありませんし、たまに激安になるのも当然でしょう。

でも、私たちが身体に直接摂り込むものに、余計な化学薬品が山のように添加されているというのはいかがなものかと思いますよね。

例えすぐには問題にならなくても、いつか健康被害の引き金になるのではと思ってしまいます。

そんな危ないものは選ばずに、丁寧に作られている製品をきちんと選びましょう。私たちには選ぶ権利があるのです。

新着記事

ジアミンフリーの白髪染めを選ぶならコレ!ノンジアミンなのにしっかり染まる! 白髪に良い食べ物・栄養素って何?白髪を黒髪に戻す食べ物は? 白髪に良い食べ物・栄養素って何?白髪を黒髪に戻す食べ物は? 白髪と関係ある色素幹細胞が損傷してしまう原因は?色素幹細胞を守るにはどうする? 白髪と関係ある色素幹細胞が損傷してしまう原因は?色素幹細胞を守るにはどうする? クリーム?泡?トリートメント?白髪染めの種類とメリット!一番おすすめなのは? クリーム?泡?トリートメント?白髪染めの種類とメリット!一番おすすめなのは? ストレス?病気?白髪が生える原因って何? ストレス?病気?白髪が生える原因って何? 白髪染めの副作用と危険性!白髪染めに入っている化学物質が怖い 白髪染めの副作用と危険性!白髪染めに入っている化学物質が怖い 市販の白髪染めに入っている体に悪い猛毒な危険成分と副作用は? 市販の白髪染めに入っている体に悪い猛毒な危険成分と副作用は? 白髪染めの方法は2パターン?白髪染めした後に色落ちしてしまう理由 白髪染めの方法は2パターン?白髪染めした後に色落ちしてしまう理由 白髪染めの仕組みとは?白髪染めで髪が染まる理由 白髪染めの仕組みとは?白髪染めで髪が染まる理由

新着記事一覧を見る