よく染まる安全な白髪染めをお探しなら

自宅で白髪染めを使うメリットは?美容院での白髪染めは危険で高い?

一度白髪になってしまった髪の毛は、切っても抜いてもその毛根からはずっと白髪が生え続けることが一般的です。つまり、白髪染めを始めたら、その後ずっと染め続けなければいけないという腹づもりが必要だということ。

かなりガッカリするポイントではありますが、実際問題、手間やコストに関してはリアルに考えておく必要があります。

最初はカットも兼ねて美容院に行って染めてもらえばいいだろうと思うかもしれませんが、実際にはまだカットもパーマも必要のないタイミングで、白髪だけがどうしても目立ち始めてしまう場合も少なくありません。

美容院に行くタイミングと合わなくなって来ると、やはりコスト面から自宅で自分で染めなければ間に合わないと感じる人のほうが多くなるのです。

当然、自宅で白髪染めをしたほうがコスト的にはお得ですし、思いついた時にすぐに実行しやすいのでメリットはたくさんあります。

美容院に行くタイミングで白髪染めはしてもらうとしても、やはり自宅での白髪染めは並行しなければ間に合わないというのが実際のところでしょう。

自宅で白髪染めトリートメントを使うメリット

・自宅でやるから放置時間中も好きなことができる。

・使う頻度も自分次第。自分のタイミングでいつでも気軽に染めれる。

・コストパフォーマンスが美容院で染めるより良い

・白髪染めトリートメントなら髪にも頭皮にも優しい

美容院で白髪染めをしてもらう場合の相場はだいたい1回1万円程度です。

白髪染めトリートメントなら1本2,000円程度です。また200gなので何度も使用することができます。コスト面で考えたら自宅で白髪染めをした方が安く済みます。

美容院の白髪染めも危険な成分が入っている

美容院でキレイに白髪染めをしてもらう事ももちろん悪いわけではありません。

特に、何かイベントがあったり、仕事で必要に迫られたりする場合もありますよね。ただ、染めた白髪がまた目立ちやすくなるまでのスピードは、思っているよりかなり早いというのが事実。

まだ長さ的にカットするほどではなくても、根本部分の色がすぐに目立つようになるのが痛いところです。結局、毎回必ず美容院で、というのは現実的ではなく、自分でこまめにケアしなければいけなくなるのが実際のところ。

美容院でも使われる発色が良く1度で染まる染毛剤もジアミン系の劇薬を含むのが一般的ですから、そう頻繁に乱用して良いものでもありません。美容を追求するのも良いのですが、それは健康が守られることが大前提。

間を空けずに何度も使うのは避けるべきことで、きちんとした美容院なら、そのこともちゃんと説明してくれますよね。具体的には、少なくとも2ヶ月以上の期間を空けることは基本で、それでもリスクが無くなるわけではないと言われています。

自宅ケアとの併用でコストパフォーマンスがあがる

白髪染めを美容院でやってもらうとしても、料金は千差万別で、とても高いところもあればびっくりするほど格安のところもあります。

ただ、髪の毛が伸びるスピードは思っているより早く、一度染めてもすぐに根本部分が目立つようになるのがネックです。結局自分でこまめに塗り直さなければいけなくなるため、すべて美容院任せとはいかなくなるのが現実なのです。

コストパフォーマンスを上げられるかどうかは、美容院で染めてもらったキレイな状態を、自分でいかに安くキープ出来るホームケアが出来るかにかかっています。

全体的に塗りムラもなくキレイに仕上げる腕は私たちにはありませんので、そこはプロはおまかせするとしても、その後の細かいケアは自分でするのが一番の方法と言えるでしょう。

そんな時にやはり頼りになるのが白髪染めトリートメントです。

白髪が伸びて来てから慌ててケアするのではなく、毎日の髪の毛のトリートメントで予防線を張っておくという方法。質の良い白髪染めトリートメントは成分も安全性が高いので、毎日使っても身体に負担がありません。

入浴時に使えるのでわざわざ時間を作って道具を準備する必要もなく、片付けの手間もないのが魅力でしょう。

ホームケアがうまく回ると、美容院に行く頻度が驚くほど少なくなります。これこそが、コストパフォーマンスを上げてキレイを維持する最高の手段と言えます。

白髪染めの頻度は極力下げることが重要

身体の健康を守る観点から言うと、美容院の2剤式の白髪染めやヘアカラーを使うことは好ましいことではありません。出来れば一切使わないほうが良いと言えるほど、怖い薬品が山盛り入っていることは知っておく必要があります。

このことはプロなら誰でも知っていることですし、最低でも1ヶ月以上の間をあけたほうが良いなどとも言っていますが、実際には2ヶ月以上空けてもリスクは考えたほうが良いほどです。

2剤式の白髪染めやヘアカラーの毒性は強く、体内に毒素が溜まってしまうと、いつ重大なアレルギー症状が出るかわかりません。それでもどうしても使いたいのだという場合には、本来は毎回必ずパッチテストを行う必要があります。

前回大丈夫だったからと言って、今回も大丈夫ではないのです。

突然病院へ運び込まれる人はいまだに無くなりません。少しでも健康を考えるなら、安全なホームケアのほうこそ重視すべきでしょう。