よく染まる安全な白髪染めをお探しなら

妊娠中(妊婦)でも使える白髪染めってある?妊娠中の白髪はどうするべき?

妊娠中に白髪染めを使いたいと考える女性は多くいます。というのも、妊娠したとたん、突然白髪が増え始めるというケースが少なくないからです。

妊娠前には白髪の「し」の字も縁が無かったのに、突然髪の毛に白いものが混じって来るとびっくりしますよね。何か悪い兆候ではないかとか、自分は大丈夫だろうかとか、若い人なら特にショックを受けるでしょう。

妊娠中の女性ホルモンの分泌バランスの変化は、身体に今までになかったような大きな変化をもたらすことが多々あります。特に髪の毛や体毛に関する変化は多く、いきなり毛深くなった、白髪になったなどの現象が起こる人も珍しくありません。

注意
なんとかしようとして慌ててドラッグストアに白髪染めを買いに走る人がいるかもしれませんが、それは基本的にはやってはいけないことと認識しましょう。残念ながら白髪染めやヘアカラーには身体に入れたくない化学薬品が山盛り入っていますので、妊娠中は避けるに越したことはありません。

製品にも明記してあると思いますし、美容院でも理容院でも、妊娠が分かっている場合にはカラーリングや白髪染めは断るのが基本です。どうしても気になるからなんとかしたいという場合には、身体に安全な白髪染めトリートメントを使うのがオススメです。

白髪染めドクター

妊娠中は、妊娠前とは体質が大きく変わり、肌質や体毛の質などが驚くほど変化する女性も少なくありません。特に、それまで一切白髪がなかった人に突然白髪が目立ち始めるケースもあり、かなりショックを受けてしまう場合もあるようですね。一般的な白髪染めには劇薬が含まれますから、お腹の赤ちゃんのためには触れるべきではないのです。

妊娠中に白髪が生えるのは何故

妊娠中は、女性ホルモンの分泌バランスが大きく変化します。

妊娠前にはまったく考えもしなかった変調を感じる人も多く、白髪もそうした変化の一つとして現れます。髪の毛に関することだけでなく、いきなり毛深くなるなど体毛全体に変化が起こるのは珍しい事ではありません。

女性ホルモンバランスの変化

妊娠中のストレス

主にミネラル分などの栄養不足

などが妊娠中に白髪が増える理由です。

こういう白髪染めは使ってはダメ

2剤式の白髪染めは避けるべき

妊娠したら白髪染めやカラーリングはやってはいけないというのは、妊婦さんの間ではすでに常識かもしれませんね。ヘアカラーも白髪染めも同じですので、少しでも危ないことは行わないのが一番。

使ったら即刻大変なことになると決まったわけではないですし、知らずに使ってしまったけれど大丈夫だったという人も実際にはいると思いますが、万が一にも何かあっては赤ちゃんの命に関わります。

医学的に禁じられているというわけではありませんが、赤ちゃんのため極力化学物質を避けるのは妊婦さんの常識ですよね。特にジアミン系の物質は、ある日突然重大なアレルギー症状が出て、母体の命に関わる重症になる場合があります。

妊婦さんが入院して投薬治療を行わなければいけなくなれば、当然非常に大きなリスクになります。厳密に言えば、本人が白髪染めやヘアカラーをしないのはもちろんのこと、家族も成分を近づけないよう気を遣うくらいの慎重さが欲しいところです。

ジアミン系の物質が入った白髪染めはダメ

特にジアミン系の物質が入った白髪染めの経皮毒に関してはすぐに影響が現れると決まったわけではありませんが、体内のバランスが大きく変わっている状態では何が起こるかわかりません。

急にアレルギー症状が出たり、知らない間にお腹の赤ちゃんに悪影響が及んだりするリスクがある以上、避けるのは当然のこと。万が一入院治療が必要な状態になれば、母子ともに大きなリスクになります。

市販の白髪染めに入っている体に悪い猛毒な危険成分と副作用は?市販の白髪染めに入っている体に悪い猛毒な危険成分と副作用は?

妊娠中に白髪染めをするならトリートメントタイプで

無添加の白髪染めトリートメントを

妊娠中でもギリギリまで働く人は多いですし、人前に出るのに白髪を放置しておくことは出来ないという人もいるでしょう。白髪染めが出来ないとすれば、白髪のケアはどうすればいいの?という場合、そんな時にはいわゆる白髪染めではなく、良質な白髪染めトリートメントを使いましょう。

化学薬品や香料が無添加で、人体に優しい天然成分で作られたものを入浴時に毎日使えば安心です。

色が定着するまでにちょっと時間がかかりますが、白髪が目立ち始めるまでにも時間がありますので、妊娠が分かったらその時点から準備しておけば他の人からはわからないようケアが出来るはずです。

何より素手で塗れるくらいのやさしさですから、これなら安心してケア出来ますね。

白髪染めドクター

無添加で安全な白髪染めを使えば妊娠中でも白髪染めは可能!使っている妊婦さんも多いですよ。

妊娠中でも使える白髪染めはコレ

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは危険なジアミン、パラベン、酸化剤、シリコン、鉱物油を不使用の無添加で安全な白髪染め。利尻昆布エキスをベースに植物由来の28種類のうるおい成分も配合。使い方も簡単でシャンプーした後に髪の毛に満遍なく塗って10分間放置(じっくり染めたい方は30分程度が目安)してから洗い流すだけ!髪や頭皮に優しい売り上げ日本一の安全な白髪染めです

価格 単品:2,200円(税込)
単品(2本セット):4,400円(税込)
容量 200g
カラー ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラック
主な成分 シコンエキス、クチナシエキス、ウコンエキス、アナトーエキスなど

利尻ヘアカラーのご購入はこちらから

妊娠中(妊婦)に使っている人も多い

妊娠中は体質の変化が起こる事も

頭皮などのバリア機能が失う場合も

妊娠中の体質の変化は、特に皮膚に大きく現れる人も少なくありません。皮膚は常に様々な分泌物を出して身体を守っているのですが、女性ホルモンのバランスが崩れると一気にバリア機能を失う場合があります。

守る力が低下した皮膚は、湿疹やかぶれなどが出やすく、摩擦や外的刺激に費用に敏感になります。

衣服のこすれでかぶれが出たり、自分の汗でピリピリとした電気的な刺激が出たり、様々な不快な症状でストレスが溜まる場合もあるでしょう。こうした事から、あらゆる刺激を避けるよう言われる事もあるかと思いますが、これは頭皮でも同じことが言えます。

妊娠すると、今まで平気で使っていたシャンプーやコンディショナーが合わなくなる事もありますので、これを機に見直すのも良い方法。化学物質を含まない、ナチュラルで質の高いものに一新するのも良いですね。

乾燥肌や刺激に弱くなるケースも

妊娠中に、皮膚に悪い影響が及ぶ人も少なくありません。妊娠前には肌が強かった人でも、妊娠中にはバリア機能のバランスが崩れ、一気に敏感肌になったり乾燥肌になったりして刺激に弱くなるケースがほとんどです。

妊婦さんは肌触りが良く通気性の良い素材を身につけるように言われると思いますが、それも肌に刺激の強い薬品類を近づけないためです。場合によっては漂白剤や芳香剤もかぶれや湿疹を起こしますし、保湿のために使っていた化粧品もダメになる場合もあります。

嗅覚を感じる鼻の粘膜も敏感になるので、白髪染めのアンモニア臭は気分が悪くなるリスクもあるので注意しましょう。