よく染まる安全な白髪染めをお探しなら

白髪の進行を止めるにはどうする?白髪をなくしたい!白髪を減らしたい!

白髪は進行する症状というのは事実です。チラホラ見かけてから一気に目立つようになったという人は多いですが、それを食い止めることは出来るのでしょうか。

白髪の原因には遺伝的なもの、生活習慣、環境など様々な原因があり、残念ながら医学的に進行を完全に止めることはまだ出来ません。

ただ、世界中で研究が進んでいて、近年は髪の毛の色素に関係するタンパク質の特定まで出来たと言われています。

もしそのタンパク質を頭皮に補給することで白髪が食い止められるようになれば、この世から白髪はなくなる可能性もあります。是非とも科学に期待したいところですが、今のところは自分でケアするしかありません。


白髪の進行を止めるにはどうする?

白髪が生えないようにする方法、白髪を増やさない方法、白髪をまた黒髪に戻す方法などはまだ確立されていません。ただ、白髪を作ると言われている原因を排除することで、少しでも進行に抵抗することは出来るはずです。

白髪治療の最新情報

薄毛が治療出来る時代になったのに、白髪が治療出来ないのはなんとなく不思議と感じる人も多いのでは。

世界的に研究もされているのになかなか進まない理由は、髪の毛の生え変わりサイクルが7年程度で、ずっと研究を続けることが困難だからとのこと。

仮設を立てて臨床実験を行うのが基本的な研究方法。

髪の毛は約10万本あって、その中の白髪1本をターゲットとして、何年も実験を続けるのはとても難しいというのが実状のようです。

ただ、ノーベル賞を受賞したiPS細胞に期待がかかったり、大手メーカ-がFGFを用いた予防剤の開発をしていたりと研究は続けられている模様。体毛関連の成分は、まったく違った医薬品から有効な作用が見つかることも多いので、これから期待するしかなさそうですね。

白髪に抵抗する努力

完全に白髪を予防する方法は確立していないものの、白髪を作る原因を排除することで抵抗する努力は出来るはず。

まだ1本2本見つかっただけなのであれば、努力して進行を先延ばしにすることは出来るかもしれません。基本は髪の毛や頭皮に良い栄養を補給すること、精神的肉体的なストレスを溜めないことです。

育毛にも関係する睡眠不足や血行不足は起こさないことも大切で、白髪の原因と言われているものを自分から遠ざけるのが先決でしょう。

そして、物理的なダメージを避けることも重要なので、紫外線対策は絶対に怠らないことが重要です。意識の高い人は冬でも日傘を差していますし、年間を通じて頭もUVカットすることが大切です。

白髪の進行を止めるためにできる事

加齢が大きな原因のため、歳をとることだけは如何ともしがたいところですが他の原因は何とか対策ができるはず。

★白髪の原因

・精神的肉体的なストレス

・血行不良

・栄養不足

・睡眠不足

上記のような白髪の原因と言われているものを生活から排除することがまず先決でしょう。

具体的には、まずストレスを溜めないこと、ちゃんと栄養を摂ること、質の高い睡眠を摂ることが最重要です。

白髪を止めるならストレスを溜めない

ストレスを溜めるなと言われても現代では難しいのですが、何か発散出来る趣味を持つなど精神的なバランスを取れる方法を考えるのは重要なことです。

肉体的なストレスを避けるためには、まず紫外線対策をしっかりとすることが最重要。紫外線は頭皮にとって最悪の存在ですから、無防備に頭を晒したまま炎天下に出るなどという暴挙だけはしてはいけません。

睡眠中には成長ホルモンが分泌されるので、しっかり髪の毛を育てるためには寝ることが重要です。ただ時間ばかりダラダラと長く取っても意味はありませんので、毎朝スッキリ目覚められるような努力が必要です。

血行を良くする事で白髪対策

運動で血行を良くすることが育毛や白髪予防に良いという説があります。

運動で血行が良くなると、髪の毛を成長させる良いサイクルが生まれます。汗だくになって頭皮が蒸れるので良くないと思うかもしれませんが、もちろん運動の後にはしっかり頭皮を清潔に洗って、十分保湿することも大事です。

シャワーでさっぱりする時には、刺激のないシャンプーをしっかり泡立てて、爪を立てずに揉み洗いをするのがベストです。すすぎも重要なので、シャンプーが頭皮に残っていない状態になるまで、しっかりすすぎましょう。

特に有酸素運動が巡りを良くするのに最適と言われていますので、ウォーキングや軽めのジョギングや水泳などで健康的に過ごすのがオススメです。

ただ、汗をかいたらしっかり頭皮を洗い流すことも大切ですし、運動中、紫外線対策をすることも大切。

栄養を補給して対策を

髪の毛に良いサプリメントなどもありますが、まずは髪の毛に良い食べ物を食事でしっかり摂取することが先決です。

白髪に良い食べ物・栄養素って何?白髪を黒髪に戻す食べ物は?

髪の毛を作っているのも、髪の毛の色を作っているのも食べ物です。私たちが食べたものが私たちの全部を作っているのですから、良いものをバランス良く食べることが重要です。髪の毛はタンパク質ですが、偏るのではなくたくさんの種類のタンパク質を食べるのがベストと言われています。

あらゆる食品を幅広く食べるのがベストですが、加工食品には化学添加物がたくさん入っているのでやはり自炊が一番です。脂肪分はあまり取りすぎず、糖分も控えましょう。量は腹6分目くらいのつもりで、暴飲暴食はいけません。

海藻類が一番のオススメです。海藻類には髪の毛に良いミネラル類がとても豊富に含まれています。またメラノサイトの活性が低下すると白髪になる事からメラノサイトを活性化させる成分であるヨウ素も海藻類で補給できます。

また緑黄色野菜もミネラルやビタミン類が豊富で、頭皮に活性酸素が増えるのを予防してくれる働きがある抗酸化物質が豊富に含まれています。毎日何かしらの形で摂取したいところですね。

色の鮮やかな新鮮な野菜を毎日たくさん食べれば、髪の毛だけでなくあらゆるアンチエイジングに効果があるでしょう。

また、タンパク質は髪の毛の原料ですから、ダイエットだと言って控えすぎないことが大事です。オススメは魚で、髪の毛の8割を占める良質なタンパク質を摂取することが出来ます。

白髪染めドクター

加工食品には化学添加物が多いので、自炊を中心に新鮮な旬の食品をいただきましょう。脂肪分、糖分を控えることも大切なので、腹6分目くらいのつもりで食べること。

トリートメントで髪を大切に

肝心の髪の毛にダメージがあってはいけませんので、白髪も黒髪も併せて大事にトリートメントするケアが大切です。

白髪染めトリートメントは、白髪染めとは言ってもトリートメントとして理想的な成分が配合されているのでおすすめ。そのまま髪の美容液として使える品質のものも多いので、毎日使いたいですね。

白髪がほとんどない人でも安心して使い続けられるので、トータルで髪の毛のケアをすることが出来ます。

MEMO
白髪はチラホラ見かけるようになってから、全体的に目立つようになるまでのスピードが比較的早い場合も少なくありません。まだ大丈夫だと思っていると、あっという間に他の人から指摘を受けるほどになってしまうこともありますので、自分で早めに手を打つようにしましょう。