よく染まる安全な白髪染めをお探しなら

ストレス?病気?白髪が生える原因って何?

生まれて初めて自分の頭に白髪を発見した時、ほとんどの人が想像以上にショックを受けてしまいます。

年齢が進めばいつかは出てくるものではないかと覚悟はしていても、やはり目の当たりにするとガッカリしてしまうのは当然ですよね。

また、鏡で見える場所ならまだしも、自分だけが知らずに周りの人のほうが発見しやすいという場合も多いので、指摘されてもされなくてもショックがより大きくなるのも事実。

白髪は誰にでも起こり得るエイジングサインとは言え、対策のためには白髪になってしまう原因を知って、少しでも先送りにする努力を始めたいですね。


白髪が生えるメカニズムは?

メラニンは美白対策にとっては無用のものですが、髪の色にとっては絶対に欲しい色素です。顔に拡がるシミのメラニンがすべて髪の毛のほうに回ってくれれば万々歳なのですが、頭皮にあるメラノサイトの活性が低下し、メラニンが作られなくなると白髪になります。

白髪を起こさないために必要なのは、髪の毛に入れ込むメラニンをしっかりたくさん作り続ける能力です。

美白ケアをしている人は、メラニンと聞くと嫌なイメージがあるでしょうが、白髪対策にとっては最重要な物質と言えます。

頭皮にもメラノサイトがありますが、その活性が低下してメラニンが十分に作れなくなると、一気に白髪が増える事になります。

どうして加齢によって白髪になりやすくなるかと言うと、酵素が正常に働かなくなることが直接的な原因です。

「メラニン」と「酵素」と言えば、美白に詳しい人はもうお察しかとは思いますが、チロシンを黒色メラニンに変化させるチロシナーゼのことを指しています。

毛根の一番奥にあるメラノサイトがメラニンを生成する時には、やはりチロシナーゼが必要不可欠。

チロシナーゼが充分に働けないと、チロシンはメラニンに変化せず、髪の毛を黒くすることができなくなります。

髪の毛は、作られた直後はそもそも無色透明な状態で、そこにメラニンを注入することで髪の毛の色がつきます。

十分に注入されれば真っ黒になりますし、足りなければどんどん色が薄くなり、まったく入らなくなれば無色透明なまま伸びて来ます。

これが白髪の状態です。

メラノサイト自体が十分に働けていない場合も白髪になりますので、白髪が伸びて来たということは、メラノサイトか、チロシナーゼか、どちらかが不十分な状態であることが推察されます。

どうして不十分になっているかは別の要因となりますが、直接的なメカニズムとしてはこのような状況になっているわけですね。

白髪が生える原因は?

遺伝とその他の原因

昔は白髪は遺伝であり、後天的にはどうしようもないものだと考えられてきました。

一部確かに遺伝的要素はありますが、実際にはかなり複数の要因が複雑に絡み合っているため、現在では何かひとつに限定するのは難しいと言われています。

生まれ持った遺伝子は受け止めるしかありませんが、他に白髪発生の要素があるならそれを排除したいところ。

特に前述の通り、酵素の減少は栄養不足の面から言っても注意したい要因です。

最近、若い女性に白髪が増えていると言われていますが、これは食生活の乱れと関係していると言われています。

髪の毛を作るためにはたんぱく質やビタミン、ミネラルが必須ですが、間違ったダイエットをしていたり、偏った食事をしていたりすると、年齢に関係なく白髪が出て来ます。

不規則な生活、睡眠不足、ストレスも原因で、自律神経のバランスが乱れると白髪の原因となります。まずは生活を改めることが肝心でしょう。

MEMO

・遺伝は証明されてはいない
医学的に、白髪が遺伝であるとはまだ証明されていません。

 

ただ、統計結果から見ると、やはり遺伝の可能性は否定出来ないという見かたも強いようですね。

 

特に、加齢による白髪ではなく、年齢が若い時から発生する白髪のある人は、親子間で同じ体質が遺伝することが考えられています。

 

これは色素を作り出す力の弱さに関連すると言われています、現代では必ずしも治らないものではないと考えられています。

 

これに対して加齢によって現れる白髪は、治療が可能なものと考えられています。

 

また、現れる時期も生活習慣にかなり左右されるため、早く現れる人もいればかなり先延ばしに出来る人もいるというのが現在の見解。

 

親が30代から白髪が多くあったとしても、その子は40代になっても白髪が1本も見当たらないという事は実際にあります。遺伝は確かに一つの要素ではありますが、自分の努力で出来るだけ避けられる可能性もあるということなのです。

ストレスなど生活の中にある原因

近年、頭皮の血行が不十分な人は白髪になりやすい傾向があると言われています。貧血気味の女性は若くても白髪になりやすいですし、妊娠や出産で白髪が増える人も多いですね。

栄養としては、鉄とビタミンB12、葉酸などが必要とされ、造血作用のある栄養素をしっかり摂取することが白髪予防になると考えられています。

また、頭皮には毛細血管しかありませんので、そこに十分血液がまわることが大切。頭皮マッサージは有効なので、洗髪時に頭皮全体をグイグイ動かすと効果的だと言われています。

ストレスも血行不良になりますし、睡眠不足も白髪の原因になります。毎日リラックスしてぐっすり眠れるように気をつければ、白髪を先延ばしに出来るかもしれませんね。

ただ、胃腸や甲状腺の病気で白髪が起こる場合もありますし、投薬治療による副作用で白髪になることも少なくありません。

ほとんどの場合は加齢による白髪だと言われていますが、健康診断は毎年定期的に受けるのが大前提です。特に急激な白髪は放置せず、皮膚科でも内科でも良いので診断を受けましょう。

投薬治療による場合は、薬の種類を変えることで多少なりとも軽減される可能性がある場合もあるので、主治医に相談すると良いでしょう。

病気や薬の副作用が原因の場合も

一番心配なのは胃腸や甲状腺の病気の可能性です。

投薬治療をしていると副作用で白髪になることも少なくありませんので、急に白髪が増えた場合は主治医に相談することも必要でしょう。

難しい場合もありますが、薬の種類を変えることで軽減される可能性もあるかもしれません。

特に思い当たるフシもなく、まだ更年期でもないのに短期間に白髪が増えたようであれば、きちんと検査や治療を受ける必要がありますし、白髪が身体からのSOSである場合もあるので、無視はせずに早く気付いてあげることも大事でしょう。